2011年10月19日

2011インディカー・シリーズ最終第17戦 多重クラッシュでドライバー死亡



10月16日にラスベガスで開催された2011インディカー・シリーズ最終第17戦は12週目の第2コーナーで発生した多重クラッシュでドライバーのダン・ウェルドン(サム・シュミット・モータースポーツ)が死亡した。

ウィルドンは、2002年インディーカーシリーズに参戦し翌シーズンに初優勝。インディアナポリス500で2度の優勝経験を持っている。

YouTubeにもそのクラッシュ画像はアップされ、見る限り2台のマシンが絡んだ直後、後続マシンが避けきれず次々に追突する形になっている。あるマシンは乗り上げ、宙を舞うシーンも車載カメラがとらえている。

近年、このような多重クラッシュ事故はあまり聞いたことがないように思う。オーバルコースでスピードにのったマシンはF1よりも早いと聞く。

ご冥福をお祈りしたい。
posted by おとうちゃん | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/231176045
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。